めっきQ&A


硬質アルマイトとアルミナ板との比較

精密部品材料の改善を行っています。
現状で、樹脂を用いてるのですが、硬質アルマイトを用いた
方法(樹脂→アルミ)にしようかと考えています。

そこで質問ですが、

・アルミを母材料とし硬質アルマイト処理した板とアルミナの
板を比較した場合、表面の耐磨耗性、硬度はどのような感じですか。

・硬質アルマイト処理後の製品寸法精度はどの程度ですか。


> ・アルミを母材料とし硬質アルマイト処理した板とアル
> ミナの板を比較した場合、表面の耐摩耗性、硬度はどの
> ような感じですか。

硬質アルマイトの硬度はHV450〜500程度になります。
硬度が向上するため、耐摩耗性も向上いたします。

もし、耐摩耗性を考えるのであれば、表面粗さも
考慮されることをお奨めいたします。

> ・アルマイト処理後の製品寸法精度はどの程度ですか。

硬質アルマイト処理の膜厚が30μmの場合:±20%の誤差が生じます。

また、電気を使用いたしますので、製品の形状(角物)によっては
それ以上の場合がございます。

寸法精度を維持したい場合には、以下の方法に打合せが必要です。

 1.膜厚を薄くする
 2.膜厚を計算し、機械加工時に調整を行なう
  (外径で言えばマイナスにしておく)
 3.マスキング処理をする
 4.無電解ニッケルめっきなどで、皮膜を均一に処理する

無電解ニッケルめっきのページはこちらから
硬質アルマイトのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP