硬質アルマイト加工処理めっき加工

硬質アルマイト加工処理には皮膜の硬さ及び耐摩耗性に優れためっき加工処理です。絶縁皮膜をの望まれる場合は硬質アルマイト加工処理になります。膜厚を厚くすることにより、「破壊電圧」及び「耐摩耗性」は向上します。

硬質アルマイト加工処理とは?

アルマイト加工処理のうち、皮膜硬さ及び耐摩耗性性に優れた皮膜を「硬質アルマイト」と呼ばれております。
硬質アルマイト皮膜の多くは50μm程度の皮膜厚さが一般的です。普通アルマイト処理が10μm程度と比較して「素地材質」の性質を大きく反映し、それが皮膜性能の差となって現れてきます。皮膜は通電しない「絶縁皮膜」となります。
硬質アルマイトの膜厚を厚くすることにより、硬度は変化しませんが、「破壊電圧」及び「耐摩耗性」は向上します。また、「バフ仕上げ」により光沢を向上させることも可能です。しかし「クラックの発生」が顕著になります。

  • 硬質アルマイト加工処理写真
  • 硬質アルマイト加工処理写真

※左はA2000、7000系を処理したときのイメージです。
※右はA5000系を処理したときのイメージです。

他の呼び方
  1. 硬質アルマイト:
    ハードアルマイト、硬質Al、Hal、硬質陽極酸化、ハードアノダイズ
    JIS H 8603
    対応英語:
    hard alminium oxide coating , hard anodizing

    このめっきのfacebookページへ

硬質アルマイト加工処理の基本的な特性

弊社にて行う硬質アルマイト加工処理は、硫酸法という一般的な手法です。
下記の表にて基本的な特性を掲載します。

  • 硬質アルマイト加工処理写真

(1)硬質アルマイト加工処理

膜 厚 10~100µm(材質によって異なる)
材質により変化
硬 度 Hv350~450
使用目的 高硬度要求及び耐摩耗性
  • お問合せはこちら

硬質アルマイト加工処理に関するめっきQ&A

めっきQ&A一覧へ

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください!!

無料相談・サンプル請求・試作依頼

三和メッキ工業株式会社
TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
お問合せフォーム
E-mail : info@sanwa-p

  • スマートフォンで見やすくなりました

めっきの特性

  • 色彩
  • 硬さ
  • 滑り
  • 防錆
  • 複合
  • 管理

めっき用途別ランキング

主要設備と装置

  • 三和メッキMOVIE
  • めっき職人たちの日常
  • 必殺めっき職人
  • めっきセカンドオピニオン

チャレンジプロジェクト

めっき緊急レスキュー隊
めっき試作室
めっきで学校応援します
めっきスポンサー
めっき職人全国爆走中
トラブルハンターズ

  • ニュースリリース
  • マスコミ掲載・受賞歴
  • セミナー・講演履歴
  • めっきニュースレター
  • めっき職人たち
  • iPhoneで三和メッキ工業のアプリをダウンロード!!


PAGETOP