めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

亜鉛メッキ加工に関するお問合せ

亜鉛メッキ加工の三価黒クロメートの色の「ばらつき」について。

亜鉛メッキ加工の三価黒クロメートメッキ品(小物)で 
光沢のある物 光沢の無いものが 同じ箱に混在しています。

この違いは何が原因でしょうか。通常同じメッキ工程で
あれば、同じように光沢仕上がりか、光沢無し仕上がり
どちらかになると思います。お手数ですが教えてください。

光沢は、以下の事項に影響します。

 1.クロメート処理の浸漬時間や温度
 2.亜鉛メッキ処理液の光沢剤の影響
 3.素材の加工状態の影響
 4.亜鉛メッキの処理方法の影響

亜鉛メッキ加工の処理方法が、ラックと呼ばれるものか、
バレルと呼ばれる処理方法で光沢感も異なってまいります。

現状、処理を依頼されております業者様に光沢の統一感
を出せるように指示を出されれば対応して頂けると思い
ます。

原因としては、1.2が影響していると思われます。
4.の可能性もございます。

また、亜鉛メッキ処理液が「ジンケート浴」であった
場合には、三価の黒クロメートが良好に処理出来ません。
光沢にも影響いたします。

亜鉛メッキ処理液が

 ニッケルー亜鉛合金
 ニッケルー鉄合金

を使用している、メッキ業者様であれば、
「色のばらつき」は、発生しにくくなります。


★亜鉛メッキ加工のページはこちらから。
▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

めっき専門用語

Zoomミーティング始めました

あきらめずにご相談ください

  • めっきセカンドオピニオン
  • LINEでお問合せ

PAGETOP

PAGETOP