めっきQ&A


三価黒クロメートの色の「ばらつき」について

三価黒クロメート(小物)で光沢のある物 光沢の無いものが 
同じ箱に混在しています。

この違いは何が原因でしょうか。

通常の同じめっき工程であれば、同じように光沢仕上がり
か、光沢無し仕上がりのどちらかになると思ってます。

光沢は、以下の事項に影響します。

1.黒クロメート処理の浸漬時間や温度
2.電気亜鉛めっき処理液の光沢剤の影響
3.素材の加工状態の影響
4.電気亜鉛めっき処理方法の影響

4.の亜鉛めっきの処理方法が、ラックと呼ばれるものか、
バレルと呼ばれる処理方法で光沢感も異なってまいります。

現状、処理を依頼されております業者様に光沢の統一感
を出せるように指示を出されれば対応して頂けると思い
ます。

原因としては、1.2.4が影響していると思われます。

また、電気亜鉛めっき処理液が「ジンケート浴」であった
場合には、三価の黒クロメートが良好に出来ない場合が
ございます。

ニッケルー亜鉛合金めっき
ニッケルー鉄合金めっき

を使用しているめっき業者様にて試作処理をされるのも
1つの方法かと思います。

亜鉛めっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP