めっきQ&A


三価クロメート後に溶接は可能でしょうか?

三価クロメート後に溶接は可能でしょうか?

本来であれば、三価クロメートをする前に、溶接をしてから
亜鉛めっきをすると方法が良いと思うのですが形状的に
めっきを先に処理するしかございません。

可能でございますが、亜鉛めっき皮膜、三価クロメート層
が無くなってしまいます。

本来は、仰る通り製品形状になってから溶接されるのが宜しいかと
思います。

しかし、製品があまりにも大きい場合には、それも不可能
かと思いますので、溶接処理後の防錆のために、ラッカスプレー等
で色合いを調整することが必要かと思われます。

可能であれば、図面をお送りくださいませ。
また、ご使用環境もお教えくださいませ。

亜鉛めっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP