めっきQ&A


無電解ニッケルめっき後の硬質クロムめっきは可能か?

防錆、耐摩耗性、寸法精度確保のため無電解ニッケルめっき
10μm厚程度処理した後に硬質クロムめっき5~10μm厚を
処理しようと考えています。

このようなめっきは可能でしょうか?
剥離など問題はないでしょうか。
また、所定の効果は得られるでしょうか?

基本的に可能でございます。

ただし、無電解ニッケルめっき皮膜と硬質クロムめっき皮膜との
相性はあまり良くはございません。

よって無電解ニッケルめっき後にニッケルストライクや
活性化処理が必要になると思います。

御社の要求事項を満たす為には、硬質クロムめっきだけの
ほうが安定しております。

可能であればご使用環境をお教えください。

無電解ニッケルめっきのページはこちらから
硬質クロムめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP