めっきQ&A


硬質クロムめっきとテフロン無電解ニッケルめっきでの比較について

製薬機器に使用しますヒンジボルトを「焼付き防止」に
硬質クロムめっきかテフロン無電解ニッケルめっきか
迷っております。

各処理のメリット、デメリットを教えてください。

お教え頂いた内容でめっきを決定したいと思います。


【硬質クロムめっき】

メリット:硬度が高い(Hv1000程度)。
     バフ研磨をすることにより鏡面にすることが
     可能。
     耐摩耗性が高い。

デメリット:電気めっきのために、皮膜が均一に処理
      出来ない。

【テフロン無電解ニッケルめっき】

メリット:電気を使用しないめっきのために、均一な
     皮膜を生成することが出来る。
     テフロンを含有しているので、滑り性が向上
     する。

デメリット:硬質クロムめっきと比較すると
      硬度がHv300程度と低い。


硬質クロムめっきのページはこちらから
テフロン無電解ニッケルめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP