めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

硬質クロムめっき処理に関するお問合せ

硬質クロムめっき処理とテフロン無電解ニッケルめっき処理での比較について。

製薬機器に使用しますヒンジボルトを「焼付き防止」
に硬質クロムめっき処理かテフロン無電解ニッケルめっき処理か
迷っております。

各処理のメリット、デメリットを教えてください。

お教え頂いた内容でめっき処理を決定したいと
思います。

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

硬質クロムめっき処理

メリット:硬度が高い(Hv1000程度)。
     バフ研磨をすることにより鏡面にすることが
     可能。
     耐磨耗性が高い。

デメリット:電気メッキのために、皮膜が均一に処理
      をしにくい。

テフロン無電解ニッケル処理

メリット:電気を使用しないメッキのために、均一な
     皮膜を生成することが出来る。
     テフロンを含有しているので、滑り性が向上
     する。

デメリット:硬質クロムめっき処理と比較すると
      硬度がHv300程度と低い。


★硬質クロムめっき処理のページはこちらから。
★テフロン無電解ニッケルめっき処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

めっき専門用語

Zoomミーティング始めました

あきらめずにご相談ください

  • めっきセカンドオピニオン
  • LINEでお問合せ

PAGETOP

PAGETOP