めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

硬質アルマイト処理に関するお問合せ

熱膨張によるアルマイト層の耐久性について。

硬質アルマイト加工処理をした2mm厚さの「アルミ板上」
にエポキシ系接着剤でシリコンチップ(半導体)を接着
しようと考えております。

この2mmの板に150℃程度の温度サイクルを繰り返した
場合、熱膨張によるアルマイト層の剥離は予想しておくべき
ことでしょうか?

また、その他、某かの問題が発生する可能性はございます
でしょうか?

以上、宜しくお願い申し上げます。

剥離する可能性は「ゼロ」ではございません。

アルミニウムの素材番号、アルマイト加工処理の膜厚に
よっても「変化」すると思います。

熱(温度)的には、アルマイト層が「劣化」する温度
ではございません。

何度も同じ熱にて繰り返しご使用になられますので
その影響がどの程度の期間で問題になるかだと思います。

素材のアルミニウムがその熱温度によって「歪み」
さえ、発生しなければ、剥離しないと思います。

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

★硬質アルマイト加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

めっき専門用語

Zoomミーティング始めました

あきらめずにご相談ください

  • めっきセカンドオピニオン
  • LINEでお問合せ

PAGETOP

PAGETOP