めっきQ&A


高張力鋼をプレス加工後にめっきすると部分的に割れが発生する

高張力鋼をプレス加工後に、電気亜鉛めっきをすると
部分的にめっき割れが発生するのですが原因は何でしょうか?

割れないようにする対策方法はあるのでしょうか?

もし、可能であれば、

 めっき割れの画像をメールにてお送りくださいませ。

憶測でのお返事になりますが

1.水素脆性が発生している
2.材質的な影響で、内部応力が発生し、めっき後に亜鉛皮膜
が素材に追従出来ず、剥離を起こしている
3.めっき方法がバレル方法にて実施してる

【対策】

1.亜鉛めっき後ただちにベーキング:190℃程度でで1時間行う
2.他のめっきを検討する。ニッケル系や硬質クロムめっきなど
3.バレルめっき方法なのかを確認する
4.全ての亜鉛めっき工程にて液温や不純物が混入してないかを確認する
5.他のめっき業者にて処理を実施し、同じ現象が発生するかをを確認する
などになります。

亜鉛めっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP