めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

亜鉛めっき加工処理に関するお問合せ

三価クロメートメッキ後に200℃で熱処理するとメッキが浮く。

三価クロメートメッキをするのですが、メッキ工程中
ベーキング(200℃±20℃ 4h)をすると、亜鉛メッキ
が浮いてきてしまします。

サンドブラストでも変わりなく、再メッキしても同様に
メッキ浮きが出て解決策が無く困っております。

何か情報があればお教えいただけませんでしょうか?
至急解決しなければなりません。


ベーキング処理の温度が高すぎるのが原因です。

120℃程度のベーキング温度に変更をしてください。
水素脆性除去のために、ベーキング処理されている
と思うのですが120℃でも問題ございません。

亜鉛めっき皮膜、三価クロメート皮膜は一般的
に120℃程度のベーキング処理温度以上の高温になり
ますと「皮膜が剥離」いたします。

三価クロメート処理で「200℃」の温度でも耐えうる
薬品もございますが、御社の製品にマッチするか
どうかは、試作が必要になります。

また、ベーキング処理前で三価クロメート処理時
に、皮膜が浮いているのであれば、亜鉛めっき処理工程
の問題となります。

上記の場合には、現状の状態を確認させて頂く必要が
ございますので、お知らせくださいませ。

★亜鉛めっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP