めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

テフロン無電解ニッケルめっき加工処理に関するお問合せ

テフロン無電解ニッケルめっき加工処理の事例について。

テフロン無電解ニッケルメッキ加工処理についてお聞き
したいのですが、樹脂の射出金型での使用を考えています。

処理を行った場合の耐久性はどうでしょうか?
使用環境によって違うと思いますが、事例があれば教えて
下さい。

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

事例としましては、以下のようなものがございますが
ご使用温度が260℃以上で連続使用となりますと
ちょっと手法を検討する必要性がございます。

 1.テフロン無電解ニッケルのテフロン含有率が
   弊社では33%が一般的で、大変、滑りやすい
   のですが、硬度がHv300程度と低いために、
   樹脂によっては、磨耗するケースがございます。

 2.P-in処理というものがございます。
   http://www.sanwa-p.co.jp/product/p-in/
   
   テフロンの含有率は33%程度ですが、硬度が
   Hv600程度になり、小さい製品であれば一番、
   使用実績が多い処理です。

 3.1と2のテフロン含有率を下げる。
   5%程度まで下げますと、硬度が高くなるのと
   同時に、耐摩耗性が向上します。これは、無電解
   ニッケルめっき処理の特性が生かされるためです。

 4.めっき後にバフ研磨、めっき前にナシジ処理を実施し
   面粗さをコントロールする事例もございます。

もし可能であれば、図面をメールにてお送り頂ければ詳細の
お返事が可能です。


★テフロン無電解ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。
★P-in処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP