めっきQ&A


箱状の製品内部に、黒クロメートは難しいのか?

形状的に電気亜鉛めっき後の黒クロメートでは、箱の内部
まで黒くならない可能性が非常に高い形状でございます。

これは、亜鉛めっき自体が電気を使用するめっきの為で
めっきの最中に「水素ガス」が発生いたします。
このガスが溜まった内部には、めっきがつきません。
よって、黒クロメートが乗らないということになります。

また、電気回りというのですが、専用の治具を製作しない
と内部まで電気回りません。

価格は上昇しますが専用の治具を作成すれば
全体的に黒クロメート処理することは可能です。

耐食性ではなく、意匠性ということであれば他の黒色
の処理も視野に入れてもいいと思います。

亜鉛めっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP