めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

亜鉛めっき加工処理に関するお問合せ

箱状の製品内部には、黒クロメート加工処理は難しいのか?

黒クロメート加工処理について教えて下さい。

SPCC 3mmで板金加工した、六面のうち二面が開口して
いる箱状の物は内面の奥まった所には、黒クロメート加工
処理がつかないので、黒スプレーで塗る。

といった方法がまかり通っているのですが、本当で
しょうか?宜しくお願い致します。

形状的に黒クロメート(亜鉛めっき)では、箱の内部
まで黒くならない可能性が非常に高い形状でございます。

これは、亜鉛めっき自体が電気めっきでございまして
めっきの最中に「水素ガス」が発生いたします。
このガスが溜まった内部には、亜鉛めっきがつきません
ので黒クロメートが出来ないということになります。

また、電気回りというのですが、専用の治具を製作しない
と内部まで電気回りません。

よって亜鉛めっきが通常の方法では析出しないということ
になります。

めっき価格は上昇しますが専用の治具を作成すれば
全体的に黒クロメート処理することは可能です。

また、「黒スプレーがまかりとおるのか?」という
ご質問ですが、これは、「お客様とのお打合せ」に
よると思います。


★亜鉛めっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP