めっきQ&A


電気亜鉛めっきにて水素脆性除去が必要と思われる材質とは?

電気亜鉛めっきにて水素脆性除去が必要と思われる材質
にはどのようなものがありますか?

いろんな材質があると思うのですが、お解りの範囲で結構で
ございますので、お教え頂ければ幸いでございます。

水素脆性は、高炭素鋼や熱処理・冷間加工等で表面硬化
された鉄素材に発生しやすいです。
ただ、必要かどうかは原則としてお客様の判断となります。

除去方法として、めっき後に加熱処理することにより吸蔵
された水素を放出させる処理(ベーキング)が行なわれます。

文献によれば、ISOの国際規格で

最大引張強さ1050MPa(107kgf/m㎡)以上の鉄製品に
ついて、190~220℃で8~24時間以上の熱処理をめっき後
4時間以内に行なうよう規定されています。

しかし、電気亜鉛めっき後にクロメート処理をする場合には
ベーキング温度を130℃以下にて行う必要がございます。

130℃以上ですと、クロメート皮膜が剥離いたします。

亜鉛めっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP