めっきQ&A


硬質アルマイトを再処理すると導通するのは何故?

当社の製品は絶縁性が要求されますが、硬質アルマイト
を再処理した場合、導通するのですが原因はなんでしょうか?

テスターにて確認しましたところ、いろんな部分で通電を
しております。

硬質アルマイトが良好に再処理出来ていれば絶縁皮膜
になりますので導通しません。

よって、再硬質アルマイトが、良好に処理出来ていない
ことが考えられます。

もしくは、治具に固定した部分の接点箇所の可能性も
ございます。

また、マスキング処理が穴等にありましたら通電
いたします。

1.硬質アルマイト工程に某かの問題が生じたか?
2.硬質アルマイト処理液の濃度や不純物に問題がなかったか?
3.硬質アルマイト処理後にキズを付けなかったか?

上記を、処理されました業者様とご確認頂くことに
なります。

硬質アルマイトのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP