めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

無電解ニッケルめっき加工処理に関するお問合せ

無電解ニッケルめっき加工処理の耐食性について。

無電解ニッケルめっき加工処理の耐食性について、
概要を教えてください。

御社のホームページを拝見して大体のことは理解出来た
のですが、もっと詳しくお教え頂きたくお問合せを
させて頂きました。

無電解ニッケルめっき加工処理前後にも色んな工程
があると思いますが、一般的な内容で結構でございます
のでお教えくださいませ。

一般に、電気ニッケルめっき加工処理より優れて
おります。

これは、皮膜中にリン(P)が含まれているために
皮膜が不活性となり、薬品に侵されにくいことと、
無電解めっき特有の「素地を完全に覆う効果」が
耐食性向上に大きく寄与していると考えられます。

無電解ニッケルめっきの耐食性は、析出皮膜の
ピンホールの有無で異なり、膜厚が薄いときは、
素材や前処理の影響を強く受けます。

一般的に15μm以上で良好な耐食性を示しますが、
この膜厚以上でピンホールがなくなるためと考えら
れております。

また、めっき厚さが薄い場合、防錆処理が効果的
です。
防錆処理は、無水クロム酸溶液に浸漬すると効果が
あります。

最近では、RoHS指令の影響で、無水クロム酸を使用
しない防錆処理の薬品を使用することがございます。

★無電解ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP