めっきQ&A


ユニクロメッキをしている鉄パイプ内面が赤茶色に変色する

鉄パイプの片方に蓋を溶接した製品にユニクロメッキをして
いるのですが、パイプ内面の蓋に集中して赤茶色に変色して
しまいます。

原因について教えてください。


蓋をしてしまっているために、赤茶色部分は変色ではなく
腐食している可能性が高いです。

以下の原因が考えられます。

1.めっき中に発生する水素ガスがその部分に溜まり、めっきが
ついていない為に変色した

2.形状的に内部までめっきがつけられない

3.溶接部からメッキ処理液等が染み出し腐食している

1.の場合には、内部までめっき液が入るように貫通穴が
必要になります。

3.の場合には、溶接自体が問題となりますので処理液が
染み出さないような完璧な溶接が必要となります。

また、大きさにもよりますが、溶融亜鉛めっきに変更するのが
最適だと思います。

亜鉛めっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP