めっきQ&A


亜鉛めっきとクロメート処理での自己犠牲皮膜について

亜鉛めっき処理後にクロメート処理されますが
亜鉛めっき処理した物に、キズなどがついた場合、
その部分のめっきのクロメートがその部分を修復する
作用があると聞いております。

それは、亜鉛めっきが持っている犠牲アーノルド型皮膜
とは別のものなんでしょうか

亜鉛めっきの自己犠牲型皮膜とは異なります。

クロメート(6価クロム)の皮膜ですと母材が露出しない
(亜鉛皮膜が存在する)状態でキズがついた場合、
クロメート皮膜が自己修復作用によって亜鉛めっきの表面を
再酸化させることができます。

亜鉛めっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP