めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

亜鉛めっき加工処理に関するお問合せ

亜鉛めっき加工処理後のクロメート処理の自己犠牲について。

亜鉛めっき加工処理後にクロメート処理されますが
亜鉛めっき加工処理した物に、キズなどがついた場合、
その部分のめっきが剥がれた(地肌は出ないに程度)時に、
クロメートがその部分を修復する作用があると聞いており
ますが、亜鉛めっきが持っている犠牲アーノルド型皮膜と
は別のものなんでしょうか

以上、宜しくお願い申し上げます。


亜鉛めっき加工処理の自己犠牲型皮膜とは異なります。
クロメート(6価クロム)の皮膜ですと母材が露出しな
い(亜鉛めっきが存在する)状態のキズついた場合、
クロメート皮膜が自己修復作用によって亜鉛めっき処理の
表面を再酸化させることができます。

以上、宜しくお願い申し上げます。

★亜鉛めっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP