めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

亜鉛めっき加工処理に関するお問合せ

亜鉛めっき加工処理をすると引張強度は変化するのか?

質問は亜鉛めっき加工処理をすると引張強さや硬度が
高くなると聞きますが、低くなる事もあります。

上記について色々、文献やインターネットにて調査
を実施しているのですが、よい回答が見つかりません。

御社にて何かお解りのことがございましたらお教え
頂けませんでしょうか?

以上、宜しくお願い申し上げます。

金属の場合、モース硬度は亜鉛が2.5であるのに
対しまして、鉄は4.5です。

また、全国鍍金組合発行のめっき手帳から引用しますと、
ビッカース硬度は以下の通りです。

 亜鉛めっき
  シアン浴     60~90
  ジンケート浴  100~140
  塩化浴      60~90
 鉄めっき
  硫酸浴     180~400
  塩化浴     120~220

以上のデータの通り、鉄素材前提ですが、亜鉛めっき
加工処理をしても硬度は高くなりません。

引っ張り強さ(抗張力)につきましては、亜鉛めっき
加工処理のデータがありませんので不明ですが、基本的に
柔らかい金属をめっきしても、引っ張り強さは高くなる
とは考えにくいです。

お答えになっているかどうか心配ですが調査した結果を
お知らせいたします。

★亜鉛めっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP