めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

亜鉛めっき加工処理に関するお問合せ

高周波焼き入れされた製品への亜鉛めっき処理について。

SKD11材の板物、丸物の亜鉛めっきをめっき業者に依頼
するのですが、どうしても高周波焼き入れをした部分のみ
「ふくれ」が出て帰ってきます。

聞くと「SKD11は仕方ないんですよ」との回答。

どうすればふくれなく処理できるのでしょうか?
めっき業者に提案したいのです。
そのめっき業者は弊社経営者の同族経営でして・・・
申し訳ありません。

以下の方法にて改善出来ると思います。

 1.素材(母材)にナシジ処理を行ってから亜鉛めっき
   処理を行う。

 2.ニッケルストライクめっき後に、亜鉛めっき処理を
   実施する。

一度、めっき加工処理の試作をされることをお奨め
いたします。

以上、宜しくお願い申し上げます。


★亜鉛めっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP