めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

亜鉛メッキ加工に関するお問合せ

亜鉛メッキ加工の膜厚のバラツキなどについて。

亜鉛メッキ加工の膜厚のバラツキはどれくらいでしょうか?

また、メッキの硬度は無電解ニッケルメッキと比べると
やわらかいでしょうか?

また、硬度のバラツキはどれくらいでしょうか?

一般的な内容で結構でございますのでお教え
くださいませ。

以上、宜しくお願い申し上げます。

> 亜鉛メッキ加工の膜厚のバラツキはどれくらいでしょうか?

形状及び膜厚によって異なります。
電気メッキですので、穴の内部や、陰になるくぼみなど
にはメッキが入り込みにくいので、薄いあるいはつかない
ということが起こります。

具体的な数値(割合など)では一概に言えませんが、
処理膜厚が厚くなるにつれて
比例してばらつきの上下も大きくなる傾向にあります。

> また、メッキの硬度は無電解ニッケルメッキと比べると
> やわらかいでしょうか?

軟らかいです。
無電解ニッケルメッキが一般的な析出硬度でHv400~500に対し
亜鉛メッキ加工はHv100~140程度でございます。

亜鉛めっきはジンケート浴の場合

> また、硬度のバラツキはどれくらいでしょうか?

こちらについては
測定したデータがございませんので
判断することが出来ません。

御社様にて測定して頂くことになりますが、
硬度に違いはないと思います。

★亜鉛メッキ加工のページはこちらから。
▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

めっき専門用語

Zoomミーティング始めました

あきらめずにご相談ください

  • めっきセカンドオピニオン
  • LINEでお問合せ

PAGETOP

PAGETOP