めっきQ&A


硫黄快削鋼に亜鉛めっきをしたが腐食が発生する原因は?

快削鋼は鉄素材に硫化マンガン、カーボンが多く含まれ
ております。
酸処理の酸が強いと表面がかなり深くエッチングされて
しまい、エッチングされた穴などにめっき液が溜まる傾向に
ございます。

そのめっき液がしみ出てきて、亜鉛皮膜が腐食が発生したと
思います。

また、冬季に問題がなくても、夏季には酸処理の温度が高く
過剰にエッチングされたものとも考えられます。

可能であれば、酸処理液は塩酸より硫酸の方に変更することも
出来ます。
硫酸の方がエッチング作用は弱くなるためです。

ただし、亜鉛めっき自動装置などでめっきを処理している
場合には、非現実的ですのでご了承くださいませ。

亜鉛めっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP