めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

亜鉛メッキ加工に関するお問合せ

亜鉛メッキ加工後、折り曲げる製品に対する亜鉛メッキ加工。

ジンケート浴で、亜鉛メッキ加工をしています。
めっき後、折り曲げる工程で亜鉛メッキ皮膜が割れ、
そこから「赤錆」が発生してます。
ひどい場合は、亜鉛皮膜が剥がれることもあります。

このような事例はございませんでしょうか?

何か同じような事例がございましたらお教え
頂ければ幸いです。

以上、宜しくお願い申し上げます。

下記にて文献から抜粋した内容を記載します。


亜鉛メッキ加工の場合、メッキ皮膜の柔軟性がよい順番は、

シアン化亜鉛浴、塩化亜鉛浴、ジンケート浴

の順である。ジンケート浴からの亜鉛メッキ加工は
シアン化物浴に比べて、脆く、割れやすい。
メッキ皮膜中に光沢剤成分が取り込まれるためである。

一方、シアン化物浴からの亜鉛メッキ加工は、皮膜が柔軟
であり、はんだ付けがしやすいが、メッキ浴中に有害
物質が含まれている。折り曲げ加工など後加工する製品
に対しては、シアン化物浴が最も適す。


参考文献 めっきのトラブルシューティング 
     日刊工業新聞社

★亜鉛メッキ加工のページはこちらから。
▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

めっき専門用語

Zoomミーティング始めました

あきらめずにご相談ください

  • めっきセカンドオピニオン
  • LINEでお問合せ

PAGETOP

PAGETOP