めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

亜鉛メッキ加工に関するお問合せ

鋳物への亜鉛メッキ加工について。

シアン化亜鉛浴で亜鉛メッキ加工を行っております。
通常の鋼板の場合、問題なくメッキ加工処理の皮膜が
析出しますが、鋳物の場合、水素ガスばかり発生して、
メッキ皮膜が析出しておりません。

ジンケート浴を使用しても析出しないのは、何が
原因でしょうか?

以上、宜しくお願い申し上げます。

下記にて文献からの抜粋した内容を記載します。


亜鉛はイオン化傾向が大きく、酸化還元電位も-0.76V
である。
酸化還元電位は水素電極により測定しており、水素が
0Vで還元される。これでは、水素より卑な電位を示す
ニッケル、亜鉛が水溶液中では析出しないことになる
が、それぞれの金属に水素過電圧(水素の発生を遅らせ
てくれる)があり、水溶液中ではニッケルめっきや亜鉛
めっきが得られる。

亜鉛は-0.76Vとかなり卑な電位であるが、亜鉛の水素
過電圧は、0.7Vと大きく、pH3の酸性浴の平衡電位を
計算すると-0.177Vとなり、実際の水素発生は-0.87V
になる。そのため、塩化亜鉛浴でめっきすると、鋳物
にも析出する。

シアン化亜鉛浴やジンケート浴の析出電位は、-0.76V
の亜鉛の析出電位に近く、素材の水素過電圧の差に
よっても影響を受ける(鋳物は鉄に比べ水素過電圧
が小さい)。

なお、アルミニウムの場合、かなり卑は電位を示すので
水素ばかり発生して水溶液からアルミニウムめっきが
得られない。


参考文献 めっきのトラブルシューティング 
     日刊工業新聞社

★亜鉛メッキ加工のページは、こちらから。
▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

めっき専門用語

Zoomミーティング始めました

あきらめずにご相談ください

  • めっきセカンドオピニオン
  • LINEでお問合せ

PAGETOP

PAGETOP