めっきQ&A


亜鉛めっき後に三価の化成皮膜が黄色く変色する

亜鉛めっき後に三価の化成処理をしてます。
クリアと称する透明な化成皮膜を処理しているのです
が、お客様から黄色く変色するというクレームが発生
しました。

出荷するときは問題がないですが、時間が経過すると
ともに有色化成皮膜に近くなってきます。

何が原因でしょうか?

三価の化成皮膜は、従来の光沢クロメート(ユニクロ)に
比べて、透明で、光沢がある皮膜が得られます。

この透明で、光沢のある皮膜が高温、多湿の下では、
表面の化成皮膜が厚くなり、次第に黄色く変色します。

保管する環境を考える必要があります。
例えば、シリカゲルなどの乾燥剤を製品と同梱することも
1つの方法です。
なお、黄色く変色しても耐食性には影響がありません。

亜鉛めっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP