めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

無電解ニッケルめっき加工処理に関するお問合せ

無電解ニッケルめっき加工処理の皮膜の耐食性とは。

無電解ニッケルめっき加工処理の耐食性について教えてください。

インターネット等にて耐食性について調査しておりますが
中々、良い情報を得ることが出来ておりません。

御社のホームページを拝見し、何か参考になるものが
無いかと思いご相談させて頂きました。

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

下記にて文献から抜粋した内容を記載します。


無電解ニッケルめっきは、めっき皮膜の厚さが厚く
なればなるほど耐食性は良いが、同じめっき厚さで
あると素材の表面調製の方法によって、耐食性が異なる。

すなわち、素材の表面粗度が粗いとピンホール、
クラック、ピットなどの欠陥が生成しやすく、局部電池
作用で素材が腐食されるため、耐食性が良くないと判断
されてしまう。

特に、焼結合金のようなポーラスな製品にめっきすると、
処理液がしみ出てきて、耐食性を悪くする場合もある。
したがって、めっき皮膜自身の耐食性だけではなく、
素材を含めたトータルの耐食性を考えなければならない。

また、コピー機の部品のシャフトなどは、4〜5μmという
非常に薄い無電解ニッケルめっきを施されているが、
耐食性が良くないと判断されている。信頼性を回復する
ためには、無電解ニッケルめっきの耐食性を向上させる
取り組みが必要である。

無電解ニッケルめっきの耐食性を向上させる方法として、

①150〜200℃で熱処理をする(焼結合金などには特に
 有効である。熱処理温度をこれ以上あげると、結晶化 
 し、耐食性が悪くなる)。

②六価クロムを用いるので問題があるが、クロメート
 処理により不動態化する(浸漬クロメート処理でも
 効果があるが、電解クロメート処理をするとより
 効果が上がる)。

③シリコンオイルなどにより、無電解ニッケルめっきの
 下層のピンホールを塞ぐ。

④銅ストライクめっきし、犠牲溶解型にする(腐食
 環境により、犠牲型にならない。腐食を促進させる
 場合もある)。

⑤高リンタイプ(リン含有率10%以上)の無電解ニッ
 ケルめっきを行う。

⑥合金化により、耐食性を向上させる。例えば
 Ni-Cu-P,Ni-Sn-P,Ni-Zn-Pなどの合金化により耐食性
 を向上させる。


参考文献 めっきのトラブルシューティング 
     日刊工業新聞社

★無電解ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP