めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

亜鉛メッキ加工に関するお問合せ

銅めっき鋼板にEp-Fe/Zn8C後、塗装で180℃の温度が掛かる場合について。

銅めっき鋼板にEp-Fe/Zn8、亜鉛メッキ加工を施した
後に、塗装で180℃の乾燥を実施していますが
まれに亜鉛メッキ皮膜が剥がれてしまうことがあります。

メッキ業者の答えとしては180℃の温度にさらされた
場合は、メッキ皮膜としては保証の限りではないとの
回答でした。

これは常識的な回答なのでしょうか。

亜鉛メッキ加工のクロメート処理は、

 125〜150℃

の範囲で皮膜は剥離してしまいます。

この温度範囲はメッキ業者様が使用する薬品によって
異なりますが、180℃ですと保証が出来ない範囲と
なります。

よって温度は120℃近辺が剥離しない温度となります。

最近ですと200℃でも剥離しないクロメート処理も
存在しますが、あまり一般的ではございません。

可能であれば、無電解ニッケルめっき処理などに
変更されることをお奨めいたします。

★亜鉛メッキ加工のページはこちらから。
▼お問合せのページは、こちらから。


キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

めっき専門用語

Zoomミーティング始めました

あきらめずにご相談ください

  • めっきセカンドオピニオン
  • LINEでお問合せ

PAGETOP

PAGETOP