めっきQ&A


六価クロメートから三価クロメートに変更した時に導通不良が発生した

亜鉛めっき後のクロメートを六価から三価のクロメートに
変更したところ導通不良が発生しました。

考えられる原因は何でしょうか?

テスターにて測定した範囲でございますので正式には
導通しているのかもしれませんが、何か解ることが
あればお教えくださいませ。


クロメートの膜厚の差による影響が考えられます。

クロメート皮膜が厚いほうが接触抵抗が増加する
可能性がございます。

また、クロメート自体化合物ですので測定器等で
膜厚を測定する事が困難かと思われます。

実際処理されているメーカーに回答頂くのが宜しいかと
思われます。

可能性ですが、亜鉛めっき処理液やクロメート処理液の
違いも考えられます。

亜鉛めっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP