めっきQ&A


亜鉛めっきでウイスカが発生した

電気部品の亜鉛めっきにウイスカが発生しました。
ウイスカの発生しにくい亜鉛めっきにするにはどのように
したらいいのでしょうか?

すずめっきと同様に亜鉛めっきでもウイスカが発生し、
短絡事故を起こしたとの事例が最近増えてきております。

これはコンピュータのハウジング容器などにプリント配線板
などの電子部品を高密度に搭載する傾向が多くなったことと関連し、
ハウジング容器に施された亜鉛めっきからウイスカが伸長して
電子部品の金属部分と短絡するなどの事例があります。

ウイスカ発生の要因はまだ解明されておりませんが、
めっき皮膜の内部応力が起因しているとの見方が
有力です。

ウイスカの発生しやすい亜鉛めっきは、非シアンの亜鉛めっき浴で
光沢が良いめっきに多く発生すると言われてます。

従って、ウイスカの発生を極力防止する対策としては、
次のような方法をとるとよいとされている。

①シアン化亜鉛めっき浴を使用する
②光沢剤を控えめに使用する
③ウイスカの出にくいとされる光沢剤を使用する(市販品がある)
④亜鉛合金めっきを使用する
⑤めっき後熱処理を行う(温度は200℃以下でなまし効果)
により内部応力を低減する。但し、クロメート処理後に熱処理
を行うと耐食性が著しく低下するのでクロメート処理前に行うこと)

参考文献 表面処理対策Q&A1000 産業技術サービスセンター

亜鉛めっきのページはこちらから
お問合せのページは、こちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP