めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

硬質アルマイト加工処理に関するお問合せ

硬質アルマイト加工処理後の面粗さの確保について。

機械加工後、面粗度がRyで1~2S程度なのですが
硬質アルマイト加工処理後に測定しますと15S前後となって
戻ってまいります。

図面の指定では処理後、6S以下なのですが不可能なので
しょうか?

材質番号はA5052材でございます。

硬質アルマイト加工処理をしますと面粗さは上昇します。

原因として

 1.工程内にエッチング作業がある。 
 2.硬質アルマイト加工処理をするとクラックが入る。
 3.厚みが厚いと表面が処理液にて溶解する
   ため。

などがございます。

現在の膜厚、材質、形状等ががどのような状態であるか
判断できませんが対策と致しまして、

 1.硬質アルマイト加工処理の厚みを薄くする。 
 2.硬質アルマイト加工処理後に研磨もしくはラップ
   加工を実施する。
 3.機械加工の状態で最終面粗さよりも細かい面粗さ
   で処理を依頼する。

などの方法が考えられます。
現在、処理をご依頼されておられますアルマイト業者様に
一度、ご相談されることをお奨めいたします。
(弊社でも処理は可能です)

★硬質アルマイト加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP