めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

亜鉛メッキ加工に関するお問合せ

ニッケルメッキ加工と有色クロメート加工について。

溶接構造物に以前は、クロメート加工を行っていました。

環境対応で、ニッケルメッキ加工にしたのですが、
付き合わせた板の隙間に錆が発生して困っています。

有色クロメート加工では問題なかったのですが、
なぜでしょうか?

以上、宜しくお願い申し上げます。

考えられるとすれば、亜鉛メッキ加工後の有色クロメート
には「自己犠牲」特性がございまして傷等が発生しても
それを修復する作用がございます。

ニッケルメッキ加工には、そのような特性がないということが
考えられます。

耐食性で考えた場合に、ニッケルメッキ加工よりも
有色クロメートの方が優位であることも原因かもしれません。

基本的に以下の問題がニッケルメッキ加工にて発生している
と思われます。

 1.隙間付近、隙間にメッキ処理がついていない。
 2.隙間からメッキ処理工程の液が染みだしている。

また、亜鉛メッキ加工の有色クロメートとニッケルメッキ加工
と比較した場合、メッキ厚に差異が生じていることは、ござい
ませんでしょうか?
膜厚をご確認頂ければ幸いです。

隙間に錆が発生している画像がございましたら
メールにてお送り頂ければ幸いでございます。

解決策としましては、

  「無電解ニッケルめっき処理」

に変更されるのも一つの方法です。
隙間などの処理液が浸漬されている部分にはメッキ処理
がつきます。

★ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。
★亜鉛メッキ加工のページはこちらから。
★無電解ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

めっき専門用語

Zoomミーティング始めました

あきらめずにご相談ください

  • めっきセカンドオピニオン
  • LINEでお問合せ

PAGETOP

PAGETOP