めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

硬質クロムめっき加工処理に関するお問合せ

硬質クロムメッキ加工処理と無電解ニッケルメッキ加工処理の硬度について。

無電解ニッケルメッキ加工処理は、処理時間を掛ける事
でメッキ厚を厚くする事が可能だと思いますが、強度的に
硬質クロムメッキ加工処理と同等の硬度が得られるので
しょうか?

また、皮膜の厚さは関係しないものなのでしょうか?

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

無電解ニッケルめっき加工処理の膜厚は、20μm
程度とし、めっき後、熱処理(300℃~400℃:
1~2時間)を行なうことにより硬質クロムめっき加工
処理と同等の硬度を得ることが可能です。

無電解ニッケルめっき加工処理にて、膜厚を100μm
処理することは可能ですが、ピンホールが多数発生して
しまいます。

膜厚を沢山つけたいのであれば硬質クロムめっき加工
処理がお奨めです。

強度的には、一般的な鉄材であれば同等になります。

膜厚を厚くすればいいというものではなく、皮膜特性
を活かしながらめっき加工処理を選択されるのが宜しい
かと思います。

★無電解ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。
★硬質クロムめっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP