めっきQ&A


●ニッケルめっき処理と亜鉛メッキ加工の導通性について。

ニッケルめっき処理と亜鉛メッキ加工とでは
導通性では、どちらが有利でしょうか?

素材は鉄なのですが、導通性が高いめっき処理
を施したいと考えております。

耐食性も重要ですが、まずは導通性が高いめっき処理
を探しております。

以上、宜しくお願い申し上げます。

素材は考えず表面のめっき皮膜を金属と仮定した場合、

1.亜鉛(電気抵抗率) 59.0nΩ
2.ニッケル(電気抵抗率) 69.3nΩ

この数値から見ますと亜鉛メッキ加工のほうが導通性では
有利です。

価格的にはニッケルめっき処理のほうが高くなります。

お見積が必要な場合には、図面をお送り頂ければ
算出させて頂きます。

以上、宜しくお願い申し上げます。

★亜鉛メッキ加工のページはこちらから。
★ニッケルめっき処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP