めっき専門用語

溶融亜鉛めっき

溶融亜鉛めっきは、高温(430~470℃)で溶かした亜鉛に
鋼材を浸し、表面に亜鉛皮膜を形成する技術。

亜鉛めっきを施した鋼材は、錆びや腐食を発生しません。
塗装や電気めっきなどとは異なり、亜鉛と鉄から形成される
「合金層」により、亜鉛と鉄が強く金属結合しているため、
長い年月を経てもめっきは剥がれることがない。

溶融亜鉛めっきの防食機能には、「保護皮膜作用」と
「犠牲防食作用」という2つの大きな特徴がある。

JIS規格:JIS H 8641

亜鉛めっきのページはこちらから
お問合せのページは、こちらから

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP