めっき専門用語

光沢クロメート

電気亜鉛めっきのクロメート処理で、光沢クロメートは
「ユニクロ」とも呼ばれる。

皮膜中に六価クロムが少なく三価クロムが多い。

青銀白色(ブルー系)で光沢があり、外観はよいのだが、
耐食性は色クロメート皮膜よりも劣る。

下記の名称にて呼ばれることが多く、JIS H 8625に
規定されている。
CM1、クロム酸処理、ユニクロム、ユニクローム、中和クロメート
ユニクロメート 

亜鉛めっきのページはこちらから
お問合せのページは、こちらから

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP