メッキ専門用語

730 すりきず

すりきずとは、取扱い中に表面にできた連続又は断続した線状の
きずのことです。

以下の原因によって発生します。

・摩擦: めっき皮膜が硬い物体に擦られることで発生します。
・衝撃: めっき皮膜が衝撃を受けることで発生します。
・めっき皮膜の密着不良: めっき皮膜が素材に密着していないと、
 擦れたり衝撃を受けたりした際に剥がれやすくなり、すりきずが
 発生しやすくなります。

scratch

引用元:JIS 金属表面処理 2023

アルマイト加工(処理)のページはこちらから
硬質アルマイト処理のページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

メッキのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP