メッキ専門用語

713 表面粗さ

表面粗さとは、小さい間隔で起きる表面の凹凸の程度のことです。

以下は一般的な表面粗さの指標です:

・Ra (算術平均粗さ):
算術平均粗さは、指定された長さにおける凹凸の差を平均して示した
数値です。
平均値を取るため、突発的なキズなどの影響が小さくなります。
単位はμmで表されます。

・Rz (最大高さ粗さ):
最大高さ粗さは、指定された長さにおいて最も低い凹部分と最も高い
凸部分の差を示す方法です。
1カ所のキズがあっても問題となる場合に使用されます。

・RzJIS規格 (10点平均粗さ):
RzJIS規格は、10カ所の平均をとる方法で、最も低い凹から5番目までと
最も高い凸から5番目までの計10カ所の平均を示します。

surface roughness

引用元:JIS 金属表面処理 2023

バフ研磨のページはこちらから
アルマイト加工(処理)のページはこちらから
硬質アルマイト処理のページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

メッキのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP