メッキ専門用語

723 バフ焼け

バフ焼けとは、バフ研磨中の高熱のために生じた研磨面の不均一性の
状態を指します。

この現象は、研磨剤の塗布量が少ない場合や加工物が高温になることに
よって発生します。
バフ焼けを防ぐためには、適切な周速度と押付荷重を設定し、弾性のある
バフを選択することが重要です。
また、研磨面の粗さやうねりが生じる「平滑度不良」や「バフ目の不揃い」も
注意が必要です。

buff-burned pattern

引用元:JIS 金属表面処理 2023

アルマイト加工(処理)のページはこちらから
硬質アルマイト処理のページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

メッキのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP