メッキ専門用語

805 顕微鏡断面測定法

顕微鏡断面測定法とは、陽極酸化皮膜の断面を顕微鏡で観察して
皮膜厚さを測定する方法です。

顕微鏡断面測定法は、以下のような手順で行われます。

1.試料を切断し、断面を研磨する。
2.断面を顕微鏡で観察する。
3.断面形状や組織を測定する。

coating thickness measurement by microscope

引用元:JIS 金属表面処理 2023

アルマイト加工(処理)のページはこちらから
硬質アルマイト処理のページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

メッキのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP