メッキ専門用語

206 染料

染料とは、溶媒に溶解し、染着可能な染剤の総称。有機染料と
無機染料があります。

その他の意味では、

染料 とは、水など特定の溶媒に溶解させて着色に用いる有色の物質のことです。
普通は水を溶媒として布や紙などを染色します。
誘導体が溶媒に可溶であり、染着後に発色させた色素は不溶となる、いわゆる
建染染料も含みます。

dye,dyestuff

引用元:JIS 金属表面処理 2023
    Wikipedia

アルマイト加工(処理)のページはこちらから
硬質アルマイト処理のページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

メッキのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP