めっきQ&A


光沢ニッケルめっきのスポット溶接すると問題が起こる原因は?

光沢ニッケルめっきしたものをスポット溶接すると溶接が
弱いことが解り、無電解ニッケルめっきに変更しました。

現在は問題はありませんが、何が影響しているので光沢
ニッケルめっきが駄目だったのでしょうか?


電気ニッケルめっきの溶接が弱いのは、光沢剤が
含まれているためです。
光沢剤の濃度を減らすという方法もありますが、
めっき業者様によっては、それを変更することは
難しい場合が多いです。

無電解ニッケルめっきは電気ニッケルめっきよりも
被覆率が良く、多孔性の低いめっきを与える為に
問題が発生しません。

ニッケルめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP