めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

無電解ニッケルめっき加工処理に関するお問合せ

アルミダイストへの電解ニッケルメッキと無電解ニッケルメッキの密着性とは。

ADC10又はADC12にニッケルメッキを行いたいので
すが、密着性の問題があると聞いています。

電解ニッケルメッキ処理と、無電解ニッケルニッケル
メッキ処理のどちらが密着性が良いか、メッキ工程の
どんな所を注意すべきか教えて下さい。

また材質的は、どちらの材質の方がいいでしょうか?

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。


材質的には、弊社の事例ですと

 ADC12

の方が実績がございます。
ただし。ADC10でも、処理対応は可能です。

密着性に関しましては、


 無電解ニッケルメッキ加工処理


をお奨めいたします。
材質的に、「電解ニッケルメッキ加工処理」をする
場合にでも、下地には「無電解ニッケルメッキ加工
処理が必要だからでございます。

注意点としては、密着不良が発生する要因として、素材
自体の「巣」が問題となるケースが多いです。
その「巣」さえ無ければメッキ加工処理がうまく出来、
密着性が安定いたします。

また、前処理等であまり強いアルカリ等は使用しま
せん。


★ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。
★無電解ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP