めっきQ&A


真鍮へのニッケルめっきについて

真鍮にニッケルめっきをする場合、下地で銅めっきを
した製品としない物ではどちらが、めっきが剥がれ
にくいのでしょうか?

又、弊社の場合、めっきされた製品を曲げる場合が有る
のですが、剥がれにくいめっき種類、めっき厚等には
どの様な仕様が良いのでしょうか?


真鍮にはダイレクトにめっきが出来ません。
ニッケルストライクというめっきを下地に一旦
するのが一般的です。

銅めっきをする場合も同じでございます。

剥がれにくさが「密着性」という観点で比較するので
あれば、銅めっきをしない方が宜しいかと思います。

上記は、適正な前処理、銅めっきの厚み、ご使用の環境等
によって変化しますのでご注意くださいませ。

曲げる場合ですが、曲げ方にもよります。
ニッケルめっきと無電解ニッケルめっきを比較した場合ですと
ニッケルめっきよりも硬度が低い無電解ニッケルめっき良いです。
めっき厚は、5~10μm程度宜しいかと思います。

ニッケルめっきのページはこちらから
無電解ニッケルめっき処理のページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP